外反母趾(小指が親指の方に曲がってしまう場合には、内反小趾と呼びます)の症状というのは、親指の異変にあります。 親指が小指のほうへ曲がってしまい、くの字になってしまうことを外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまうことをいいます)といいます。 具体的な症状としては、靴(小堺一機さんは百万円のクロコダイル皮製のを持っているんだとか)を履いたときに少し歩くだけでも違和感を感じてしまったり、痛みを感じるといった症状が出てきてしまいます。 見た目も一目瞭然で、親指が小指側に曲がっているため、外反母趾(小指が親指の方に曲がってしまう場合には、内反小趾と呼びます)は自覚症状の有無に限らず、目視でも判断することができます。 外反母趾の症状で一番多いのが、靴を履いた時の違和感です。 そもそも靴は、健康な人の足に合わせて製造されているため、足の根本的な形が変わってしまえば、どの靴(オシャレな人は足元にこだわっていることが多いそうですよ)も合わなくなってしまいます。 外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられています)になることによって、足の形が変化してしまい、今まで履いていた靴の形が足に合わなくなって、履いた時に違和感を感じてしまうのです。 また、症状が進行するとどの靴(自分の足に合ったものを履かないと、外反母趾などになる恐れがあります)を履いていても、親指や曲がった箇所に靴(自分の足に合ったものを履かないと、外反母趾などになる恐れがあります)が触れるだけで痛みを感じるようになります。 そのため、外反母趾になると、歩くときにも支障をきたすようになってしまうでしょうー